フィットネスクラブで働くトレーナーblog

フィットネスクラブでパーソナルトレーニングをしているトレーナーです。トレーニング関連の話、フィットネス業界の話、健康関連の情報・ニュースなどについて書いています。

「時間がない」を言い訳にしない方が上手くいく

運動の効果を得る方法とは

トレーニング効果を得るには

フィットネスクラブでダイエットするには

共通して言えることは「続けること」「クラブに来て運動をすること」です。

 

当然そこには「時間」がかかります。

フィットネスクラブまで行く時間、トレーニングする時間、シャワー・風呂を利用し

(しない人もいますが)ジムを出るまでの時間を考えると約2時間です。

この中でトレーニングする時間の割合をできるだけ多くしたいので、フィットネスクラブは自宅や通勤に合わせてなるべく時間を掛けずに行けるところを優先するべきでしょう。

ただ、それが出来ていても、「時間がない」とクラブへ来ない人もいます。

毎日「2時間」は無理でも「週2回2時間」か「週1回2時間」の時間は

どこかで確保できるのではないでしょうか。

トレーニング好きの人や仕事をリタイヤしているわけでもなければ、現実的に考えても毎日のジム利用は困難です。

週1回~2回が妥当なところでしょう。

できれば2回!

週2で来ることができれば運動の効果はぐっと高まります(理想は3回以上ですが)。

 

運動に限らず、「時間がない」という理由を作ってしまうと色々なことに行動を起こそうとすることができなくなってしまいます。

時間はないのではなく「意図的に作り出そう」としないと「時間がある」になりません。

「時間がなくて」を言い訳にすると、たんにものぐさなのを

「本当は〇〇をやりたいんだけど忙しくて時間がないんだ」

「だからしょうがないんだ」

という形でやらない自分を正当化する癖がついてしまいます。

 

「時間がない」を言い訳にしないでとりあえずやってみる。

筋トレやジムに来ることはその第一歩にとして非常に便利です。

ジムにくることができれば、続けられる ようになります。

続けられれば体は変わっていきます。

「時間がない」を使わずにどんな状況でも、ほんの少しでいいからやる。

そして続ける。これができれば部屋の片づけや、日々の仕事の効率アップなど色々なことに応用できます。

「時間がないからしょうがない」が続くと「時間がなくて今年も何もできなかった」になり、そのまま「時間がなくて何もできなかった人生」で終わってしまいます。

 

「時間がない」をやめましょう。