フィットネスクラブで働くトレーナーblog

フィットネスクラブでパーソナルトレーニングをしているトレーナーです。トレーニング関連の話、フィットネス業界の話、健康関連の情報・ニュースなどについて書いています。

姿勢の悪さはそんなに悪いことなのか?

フィットネスクラブに限らず、エステや整体院でも盛んに言われているのが

姿勢の悪さからくる身体の様々な不調 です。

あなたの腰の痛み、背中の痛み、ひざの痛み、頭痛、は姿勢の悪さが原因です!

というようにまるで「姿勢が悪いことは万病の元」であるかような扱いです。

私はこの考えに納得していません。

姿勢の悪さは色々な身体の不調の「原因の一つかもしれません」程度の認識です。

 

まず、姿勢の悪い人は身体のどこかに不調が出ている なら、

不調がない人は姿勢が良い ということになるはずですが、

f:id:blog_practice:20160201221811j:plain

立っている時も座っている時も、このイラストのようにずっとシャキッとしている人が世の中にどれくらいいるのか疑問です。

姿勢なんてよ~~く観察してみれば

f:id:blog_practice:20160201221937j:plain

のようになっている人の方が多いはずです。

姿勢の良い人たち、つまり芸能人やモデルなど、姿勢の良さが常に求められる人たちは、では、身体の不調なのどが何もないのかというとそんなことありませんよね。

芸能人がよく行く整体院などがメディアで紹介されるくらい、腰の痛みや、肩の凝りを慢性的に持っている芸能人は多いです。

アスリートなども姿勢が良いし、筋肉もあるし、関節も一般人よりずっと可動域がありますが(柔軟性が高い)、腰が痛いアスリートは多いです。

 

姿勢の悪さからくる腰痛という考えは、短絡的すぎると思います。

次回はこの話を続けます。