フィットネスクラブで働くトレーナーblog

フィットネスクラブでパーソナルトレーニングをしているトレーナーです。トレーニング関連の話、フィットネス業界の話、健康関連の情報・ニュースなどについて書いています。

パーソナルトレーニング30分はあり得ない

最近ではすっかりパーソナルトレーニングというものが定着してきた感があります。このブログで何度も書いていますが、

運動やトレーニングというものは、スポーツや勉強と同じものです。

基本的に一人でやるものではありません。そうするにしてもまずは指導者からのアドバイス・指導を受けるモノなのです。

「パーソナルトレーニング」などと言えば聞こえはいいですが、マンツーマンレッスンと表現しても同じです。

 

そして運動が「継続」と必要とするものなのに対してパーソナルトレーニングというものが多くの場合、「都度払い制」の料金システムになっていることに、私は非常に疑問を感じています。

その点に触れてもいいのですが、それよりさらに私が疑問に感じる点、「パーソナルトレーニング30分」というものについて今回は書いていきます。

 

パーソナルトレーニング専門のジムなども増えてきましたが、大手のスポーツクラブで導入されているパーソナルトレーニングの料金体系は

30分¥3000 60分¥6000 +消費税 前後の値段です。

トレーナーによってはこれより少し高めだったり安めだったりします。

 

私が本当にわけがわからないと感じるのは「30分」でトレーニングを売っているということです。根本的に時間が短すぎます。

我々フィットネストレーナー達が自分で自分のトレーニングをする場合、30分できっちり終わることなんてまずありません。60分でもあっという間です。

そんな短い時間で何ができるのか?といつも思います。

短い時間で効果が出せるとしたら、それはよほどの天才トレーナーです。

「短い時間で効果を出せる方が技術的には高い」ハズですから、本来そちら方が値段が高くなるはずです。

 

着替えて、ジムに来てという時点で「トレーニング開始」としましょう。

まず軽くストレッチやウォームアップをして、マシンやウエイトを持ち1~2セット行います。

そして、本番のトレーニングに入ります。もうこの時点で15~20分は過ぎているはずです。

さあ、これから!という時にもう終了間際というのが「30分」という時間です。

 

「パーソナルトレーニング30分」というのはまさに「では身体も温まってきたので本番のトレーニングに入りましょう」というところでストップ!ここから先は課金してくださいと言わんばかりの悪質商品だと私は思っています。

あり得るとしたらストレッチやマッサージ(医療行為の意味でなくリラクゼーションとして)です。これらの内容であれば理解できます。

 

30分から値段設定をしているパーソナルトレーナー達の中で30分内で自身のトレーニングを済ませている人がどれほどいるのでしょうか?