フィットネスクラブで働くトレーナーblog

フィットネスクラブでパーソナルトレーニングをしているトレーナーです。トレーニング関連の話、フィットネス業界の話、健康関連の情報・ニュースなどについて書いています。

フィットネス施設=不動産という考え方は韓国も同じ?

年末年始は相撲協会、特に貴乃花がどうなるかで一色の地上波放送に辟易としてしまい、朝のテレビニュースはBSのワールドニュースをつけるようになっいるこの頃です。

さて、そのワールドニュースではKBSという韓国の放送局のニュースも扱われますが、そこで連日報道されているのが「スポーツ施設の火災事故」に関するニュースです。

 

チェチョン(堤川)という地域にある「堤川ノーブル・フィットネス・アンド・スパ」というところで大規模な火災が発生し、29名の死者と34人の負傷者が出たという痛ましいニュースですが、詳しいことが徐々に明らかになってくると、日本のフィットネスクラブというものに対する考え方と、このチェチョンのスポーツクラブのオーナーの考え方が非常によく似ていると感じました。

 

元々は7階建てであったはずの施設を9階に増築(違法に)!

その階は居住地として使用されていたそうです。

(もっとも増築をしたのは今回の火災が起こる前のオーナーなので責任の所在がどうなるかは不明ですが)

さらに、2階のサウナの非常口付近に棚が置かれていて十分な避難経路が確保されておらず、多くの犠牲者が出てしまった原因はそこにあるようです。

 

このニュースを見聞きして、まさに日本のフィットネスに対する多くの人(フィットネスで商売をやろうと考えるおっさん連中)とこのスポーツ施設のオーナーの感覚は同じであると感じました。

 

そして、少し意外でもありました。

韓国という国は日本よりもフィットネスに対する意識やそこに関連する美意識が高い国です。

ヨン様やイビョンホンと言ったかつてブームになった韓流スターはほぼ確実に腹筋が割れた絞れた体をしていますし、女性アイドルグループもみんなスタイス抜群です。

日本でもジャニーズタレントや女性タレントがananなどで裸をさらしたり、インスタグラムで自撮りの写真を載せてきますが、韓国のタレントたちには体では負けていることが多いですね。(ネットニュースがアクセス数アップのために大げさに「見事な腹筋を披露!」なんて書くのも悪いけど)

兵役義務のせいかトレーニングに対する意識も高く、マッスルマニアなどのコンテストも日本より盛んに行われています。

 

そんな中で、一方では日本と同じく

・フィットネス施設は不動産である

・マンションやアパート経営と同じでとにかく入居者(会員)を集めてあとは不平不満が出ないように適当に住まわせておけばよいのだ

という根性が一気に露呈してしまったのが今回の火災事故です。

その点からいってもこれは明らかに人災ですね。

 

もし、今回の事件と同じことが日本のフィットネス施設で発生した場合、施設管理者である支配人クラスの人たちは素直にその責任を認めるのでしょうか?

おそらく必死になって責任の所在を部下スタッフやその他の要因になすりつける、または責任の一端を負わせてその分量を減らそうと必死になるはずです。

 

だって、フィットネスクラブの支配人は会員さんのこのなんて何も考えていないし、一度も考えたことが無いわけですから。