フィットネスクラブで働くトレーナーblog

フィットネスクラブでパーソナルトレーニングをしているトレーナーです。トレーニング関連の話、フィットネス業界の話、健康関連の情報・ニュースなどについて書いています。

パーソナルトレーナーの今後とは

更新がかなり、本当にかなりの間滞っておりましたが

改めてパーソナルトレーナーの今後というものを考えてみましょう。

 

2019年現在はまさにパーソナルトレーナーブームという状態が続いており、パーソナルトレーニングという言葉はおろか、フィットネスという言葉でネット検索を掛けてもパーソナルジムがヒットするほどの状態です。

その背景にあるのは「ベストボディ」から始まった、いわゆる「カッコイイ体コンテスト系のイベント」の人気ぶりが続いていることが挙げられます。

特にボディビルとまではいかない(と言っても事実上同じものですけど)フィジークという競技がブームになっていますね。

 

まさにスポーツと同様で、コンテスト(競技)そのものに人気が出て「自分でもやってみたい」という人が増えれば、それだけそれを教える人のニーズも生まれるし、それ自体がビジネスになっていくことも自然です。

ブームはいつかは過ぎ去ってしまうものですから、どこかのタイミングでフィジークブームもピークアウトしてしまうことも考えられますが、一時期的な熱は冷めても野球やサッカー、ゴルフやテニスなどと同様に「定着」してくれれば指導者としてのトレーナーも職業として成り立ち続けていくことになると思います。

カーヴィーダンスもロングブレスもデュークウォーキングもかつてほどの勢いは無いものの、細々とやっていけているようです。

 

加えて、エニィタイムフィットネスなどの24時間ジムの出店も続いていることから、今後フィットネスクラブというものは風呂からプールまである総合型から、一つのジャンルに特化した専門型、病院で言えば個人経営のクリニックのように小型化していくことは確実だと考えられます。

 

自分でジムを開いてしまえば、どこかの大型フィットネスクラブと業務委託契約をしてかってに取られる中間マージンに悩むこともありませんから今後は「トレーナー一人が一つのジムを持つ」という形が定着してくることになるだろうと考えられます。

 

反対に雲行きが怪しくなってくるのはもちろん総合型クラブ(大型クラブ)やかつてうまく稼ぐことができたトレーナーたちがブームに先駆けてオープンしたパーソナルジムです。

以前の記事でも触れましたが、自身のジム経営のための外貨獲得として講師業に忙しく飛び回っている代表者も徐々にその場を失いつつあります。

 

食い扶持に困った先輩トレーナーたちがとる行動は、、、やはりヒヨコ食いですね。パーソナルトレーナーをサポートするという名目のもとに情報弱者ビジネスを展開していくことになるわけで、現在もそれが続いていますが、フィジークブームと共に排出されるパーソナルトレーナーたちがその餌食になってしまうことが大いに考えられます。