スポーツジムで働くトレーナーblog

フィットネスクラブでパーソナルトレーニングをしているトレーナーです。トレーニング関連の話、フィットネス業界の話、健康関連の情報・ニュースなどについて書いています。

フジッコのダイズライスが優秀!!(あとはやはり値段のみ・・)

Wellness Tokyo 2023で個人的に気になった商品、製品を取り上げて行きます。

この展示会は油やプロテイン、その他健康器具など4ジャンルの製品の合同展示会なのですが、まずその中のプロテインEXPO=たんぱく質関連製品のブースの中から個人的に「これは!」と思ったものを紹介します。

 

各社のブースを回ってみてこれはすごいと感じたのは、

煮豆の製品が有名なフジッコのダイズライスでした!

やはり注目する人が多いようで、試食を希望する人たちで一番ブースが賑わっていたと感じました。

 

早速製品を見ていきます。

まず↓のマクロをご覧ください。

100g中の栄養成分になりますが、なんとたんぱく質50g!

脂質がわずか8gと、食物繊維を含めた炭水化物が26g(糖質はわずか14g)!

ボディビルダーやフィジーカーもこのマクロを見たら「おー!!」と驚くような、筋肉飯としても理想的なマクロです。

たんぱく質」を強調したパッケージにもかかわらず、成分を見てみると僅か10g程度しか入っていないといった製品も多いですが、これは”ちゃんとしている”製品です。

 

まさに米ですね。

試食用の実物の写真を撮り忘れてしまいましたが、味や食感は白米とはさすがに違っているものの、しっかりとしたお米感があり、ジャスミン米を抵抗感なく食べられる人ならむしろ美味しいと感じるでしょう。

 

宣伝文句に偽りなく「コメのように食べられる大豆」または「食事として味わって摂取できるプロテイン」といった印象で、これは欲しいとホントに感じましたね。

敢えて指摘するポイントを挙げると、やはり価格です・・・。

加工や製品化にものすごい企業努力を感じますし、ものすごく色々な試行錯誤を重ねて製品化していることがわかりますからそれなりの価格になってしまうのは当然理解できますが、消費者としては「毎日の摂取が欠かせない栄養素」であるたんぱく質がもっと手ごろな価格になって欲しいというのが本音ですね。

 

鶏肉やプロテインパウダーなどと合わせて、ダイエット食のメニューに取り入れてみるなどして活用してみようと思います。

 

[http://:title]

ホントにこれはおススメです!